×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ポリフェノール【小さなポケット】が気になる

ポリフェノールとは、植物にふくまれる色素や苦味・渋みなどの成分
ポリフェノールは活性酸素を抑制し脳梗塞や動脈硬化にも効果があると言われています
ポリフェノールとは、植物に多く含まれる色素や苦味の成分です。
ポリフェノールが多く含まれる代表的なものとして
●赤ワイン
●緑茶
●ゴマ
●大豆
●りんご
●タマネギ
●ブルーベリー
●生姜
●ウコン
●柿
●プルーン
●イチゴ
●カカオ(チョコレートやココア等)
●紫芋
ほとんどが植物に存在し、その種類は300種類以上といわれています。OH基というものが、活性酸素を除去する抗酸化効果が強いとされています。
ポリフェノールという言葉は総称です。ポリフェノールの種類には次の様な代表的なものがあります。
●フラボノイド(カテキン、アントシアニン、タンニン、ルチン、イソフラボン)
●フェノール酸
●クロロゲン酸
●エラグ酸
●リグナン
●クルクミン
●クマリン
ポリフェノールの特徴として効果時間が短いという特徴があります。ポリフェノールを摂取してからの持続効果は3〜4時間と言われています。


ポリフェノール【小さなポケット】について

「ポリフェノール」、単語に分解すると「poly」(たくさんの)、「phenol」(フェノール)
アントシアニンやカテキンなどのポリフェノールは、健康効果やアンチエイジング効果で話題になりました
ポリフェノール最大の特徴はビタミンCやビタミンEなどとは異なり、細胞間の水溶性部分、脂溶性部分、細胞膜でも抗酸化効果を発揮します。(通常ビタミンCは水溶性部分のみ、ビタミンEは脂溶性部分のみでしか抗酸化効果を発揮できない)
ポリフェノールは水に溶けやすい性質があるため、摂取後30分ほどで人体にて働き始めます。
ポリフェノールは熱に強く、壊れにくいので調理する際に気をつけることは特にありません。
ですが、ポリフェノールは体内に蓄積されませんので、その抗酸化効果は30分ほとど消滅してしまいます。
ですから、ポリフェノールを含有する食物やワインなどをこまめに摂取するようにすると栄養上バッチリです。
赤ワインにも含まれますが飲みすぎには注意が必要です。いくらポリフェノールが身体に良いからといってアルコールの摂り過ぎで身体を悪くしては意味無いです



その他の小さなポケットのメンバーラインアップ紹介



その他のサイトご紹介




ポリフェノール小さなポケットのリンク集のページ


ポリフェノール【小さなポケット】お問い合わせ